[[FrontPage]]

#contents

2011/10/02からのアクセス回数 &counter;

** STM8S-Discoveryの復活 [#t5a70e9a]
ねむいさんのぶろぐ[[SWD専用Versaloonクックブック>http://nemuisan.blog.bai.ne.jp/?eid=178353]]
のハンダ付けにギブアップして諦めていたSTM8S-Discoveryを見事復活させ、SWD版Versaloonにする方法を紹介します。

元ネタは、
[[Bingo氏のサイト>http://www.mikrocontroller.net/topic/202785]]
で紹介されている
[[STM32 DiscoveryのVersaloon化の手順書>http://www.mikrocontroller.net/attachment/96661/STMxx-Discovery-Versaloon-How2-pict.pdf]]
です。

私の方法は、トラ技オフ会で頂いたSTM32L-DiscoveryのST-LINK機能を使ってfirmwareをSTM8Sに書き込むのがポイントです。

** STM32L-DiscoveryをST-LINKにする [#c0f069ef]
STM32LのCN3のジャンパー線を外すとSTM32LをST-LINKとして使うことができます。

&ref(STM32L-Jumber.png);

*** STM8Sとの接続 [#g6787e39]
STM32LのSWDのピンコネクタの上から1番ピン
#pre{{
2 SWCLK
3 GND
4 SWDIO
5 TNRST
}}
を

&ref(STM32L-J_LINK.png);

STM8SのCN5のJTAGピンに接続します。
#pre{{
4 SWCLK (JTCK)
5 SWDIO (JTMS)
7 GND 
8 JNRST
}}

&ref(STM8S-J_LINK.png); &ref(connector.png);

** ST-LINK Utilityを使ってfirmwareを書き込む [#pb6c5db9]
VersaloonのfirmwareをSTM32LのST-LINKで書き込みます。
使用するアプリケーションは、STの純正ユーティリティST-LINK Utilityです。

*** ST-LINK Utilityのインストール [#pe2909e3]
ST-LINK Utilityは、以下のサイトからダウンロードし、インストールします。

- [[Download the STM32 ST-Link Utility>http://www.st.com/internet/com/SOFTWARE_RESOURCES/TOOL/DEVICE_PROGRAMMER/um0892.zip]]

*** firmwareのダウンロード [#k3345d76]
今回のOpenOCDに合ったfirmwareは、
[[Vsprog SWD working on STM8 and STM32VL embedded debuggers>http://www.versaloon.com/bbs/viewtopic.php?p=5925#p5925]]
によると、

- [[STM8 (No Bootloader) & STM32VL (Bootloader & No Bootloader) SVN 819 firmwares.>http://www.versaloon.com/bbs/download/file.php?id=116]]

です。

これを展開し、STM8S/No-Bootloader/Versaloon_GCC-SVN.819-STM8S-offs-0x0000.hexをWindowsにコピーします。

*** firmwareの書き込み [#k1c43909]
STM32とSTM8Sを以下のように接続します。

&ref(STM8S書き込み.png);

ST8Sのfirmwareは、そのままではRead Protectが掛かっているので、最初にこれを外します。

- メニューからTarget→Option Bytes...を選択
- Read Out ProtectionからDisabledを選択します

&ref(read protection解除.png);

- メニューからOpen file...を選択し、STM8S/No-Bootloader/Versaloon_GCC-SVN.819-STM8S-offs-0x0000.hexを選択
- DownloadダイアログのProgamボタンを押す

&ref(正常に書き込み後の画面.png);

これで、STM8SのVersaloon化は完成です。(簡単でしょう!)

** 書き込みテスト [#uc669797]
実際にARMマイコンパーフェクト学習基板にプログラムを書き込んでみます。

STM8SのCN7の左から1番
#pre{{
2 SWDIO
3 GND
4 SWCLK
}}
をARMマイコンパーフェクト学習基板のP1コネクタの左から1番
#pre{{
2 SWIO
3 SWCLK
8 GND
}}
に接続します。

&ref(STM8S-TRG.png);

書き込みは無事成功しました。

Versaloon(0x32)by Simon(compiled on Aug 14 2011)

の0x32がどうやらSTM8SのVersaloonの識別子みたいです。
#pre{{
$ /usr/local/bin/openocd -f interface/vsllink_swd.cfg -f target/lpc1343_swd_flash.cfg -c "mt_flash main.elf"
Open On-Chip Debugger 0.5.0-dev-00783-g0123985-dirty (2011-10-02-18:39)
Licensed under GNU GPL v2
For bug reports, read
	http://openocd.berlios.de/doc/doxygen/bugs.html
Warn : must select a transport.
Info : OpenOCD runs in SWD mode
adapter_nsrst_delay: 200
jtag_ntrst_delay: 200
trst_and_srst separate srst_gates_jtag trst_push_pull srst_open_drain
Info : OpenOCD runs in SWD mode
Info : Versaloon(0x32)by Simon(compiled on Aug 14 2011)
Info : USB_TO_XXX abilities: 0x00000009:0x00000040:0xC0000006
Info : RCLK (adaptive clock speed)
Info : lpc1343.cpu: hardware has 6 breakpoints, 4 watchpoints
target state: halted
target halted due to debug-request, current mode: Thread 
xPSR: 0x21000000 pc: 0x000004b0 msp: 0x10001fc8
flash 'lpc2000' found at 0x00000000
auto erase enabled
wrote 4096 bytes from file main.elf in 0.492170s (8.127 KiB/s)
verified 2968 bytes in 0.126431s (22.925 KiB/s)
requesting target halt and executing a soft reset
target state: halted
target halted due to breakpoint, current mode: Thread 
xPSR: 0x01000000 pc: 0x000000c0 msp: 0x10001fe0
shutdown command invoked
}}


** コメント [#zf24e026]
#vote(おもしろかった[17],そうでもない[0],わかりずらい[0])
#vote(おもしろかった[18],そうでもない[0],わかりずらい[0])

皆様のご意見、ご希望をお待ちしております。
#comment_kcaptcha

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
SmartDoc