FrontPage

2014/07/27からのアクセス回数 3943

プロトコルアナライザーLabTool

やっとLabToolを購入しました。

LabToolは、以下の特徴を持っています。

  • UART, I2C, SPIのプロトコルアナライザー
  • アナログ信号のキャプチャーと生成
  • LPC-Link2(デバッガ)

最初の印象としては、アナログ関係はイマイチですが、プロトコルアナライザーとしては、 使えるのではないかと思います。

LabTool.png

LabToolの起動

LabToolは、~/local/labtoolのディレクトリにある、以下のディレクトリに作成されました。

  • build-LabTool-Desktop_Qt_5_3_clang_64bit-Debug

MacOSXでエリアスを作成して、/Applicationフォルダーにエリアスをいれます。

プロトコルアナライザー

サイドにあるデモ用信号発生(LPC812を使用)

キャプチャー用信号線の結線

ユーザガイドに従って信号線を結線します。

Demo_setting.png

デモプロジェクトを開く

LabToolと同じ場所にある以下のファイルを開き、別名で保存します。

  • demo.prj

キャプチャーボタンを押すと以下の様に解析結果が表示されます。 *1

th_Demo_result.jpg

以下のケースは、値も表示されている

  • UART
  • I2C
  • SPI

Arduinoの動作チェックには、このレベルで十分だと思われる。

オシロスコープ

ちゃんとした信号生成器を持っていないので、オシロスコープのプローブを 使って、信号のキャプチャーをしてみます。

以下の様にアナログ0信号を追加します。

Add_signal.png

オシロスコープの1KHzのプローブ信号をキャプチャーしたところです。

th_probe_screen.jpg

信号生成

アナログ出力は、10KHzまでが限界だと思います。

th_gen_analog.jpg

オシロスコープの波形は以下の様になっています。

Sig_gen1KHz.png

コメント

選択肢 投票
おもしろかった 9  
そうでもない 0  
わかりずらい 0  

皆様のご意見、ご希望をお待ちしております。

スパム防止に画像の文字列も入力してください。


(Input image string)


*1 デモのパターンは数種類あるみたいです

添付ファイル: fileth_gen_analog.jpg 389件 [詳細] fileth_probe_screen.jpg 378件 [詳細] fileth_Demo_result.jpg 462件 [詳細] fileSig_gen1KHz.png 385件 [詳細] fileLabTool.png 390件 [詳細] fileDemo_setting.png 414件 [詳細] fileAdd_signal.png 371件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-04-20 (木) 20:22:10 (185d)
SmartDoc