Spring-MVC/ステップ・バイ・ステップ

2008/04/15からのアクセス回数 3791

mvc-conventionの例題は、Recipeの追加削除ができません。 ここでは、RecipeのCRUD(Create, Read, Update, Delete)機能が使えるように変更します。

コントローラの変更

EditRecipeControllerの変更

最初に、EditRecipeControllerのformBackingObjectを変更します。 新規のRecipeの追加の場合には、idがセットされていませんので、idがHTTP要求に ない場合の処理を追加します。

    protected Object formBackingObject(HttpServletRequest request) throws Exception {
    	try {
            long id = ServletRequestUtils.getRequiredLongParameter(request, "id");
            Recipe recipe = this.recipeManager.findById(new Long(id));
            return recipe;
    	}
    	catch (MissingServletRequestParameterException e) {
    		Recipe recipe = new Recipe();
    		return recipe;
    	}
    }

SwitchBoardControllerの変更

次に、SwitchBoardControllerにdeleteメソッドを追加します。

deleteメソッドでは削除した後switchboard/listRecipesに画面を遷移しますので、 モデルにrecipeListを追加する必要があります。

deleteメソッドは、以下のようになります。

    public ModelAndView delete(HttpServletRequest request, HttpServletResponse response) throws Exception {
        long id = ServletRequestUtils.getRequiredIntParameter(request, "id");
        Recipe recipe = recipeManager.findById(new Long(id));
        ((IRecipeDao)recipeManager).delete(recipe);
        
    	ModelAndView modelAndView = new ModelAndView();
    	modelAndView.addObject(recipeManager.findAll());
    	modelAndView.setViewName("switchboard/listRecipes");
        return modelAndView;
    }

ここで、recipeManagerを、移植のためStubRecipeDaoManagerに代えましたが、型宣言は RecipdeManagerのままなので、以下のように IRecipeDaoのインタフェースを使用するためにIRecipeDaoでキャストします。

((IRecipeDao)recipeManager).delete(recipe);

これでコントローラの処理は完了です。

ビューの変更

listRecipes.vmの変更

削除リンクの追加は、編集リンクと同様に

            #set( $deleteLink = "/switchboard/delete.htm?id=${recipe.id}" )
            <td><a href="#springUrl(${deleteLink})">[delete]</a></td>

とします。

新規追加リンクは、idを指定しないでeditrecipe.htmに遷移させます。

<a href='#springUrl("/editrecipe.htm")'>add</a>

修正されたlistRecipes.vmは以下にあります。

editRecipe.vmの変更

recipe.idがセットされていないときには、HTTPのPOST処理でidが送信されないようにするために、 以下のようにif文を入れます。

#if ( $recipe.id )
		<input type="hidden" name="id" value="$!recipe.id">
#end

$recipe.idがnullでないときのみidをhiddenにセットします。

修正されたeditRecipe.vmは以下にあります。

動作確認

mavenのjettyプラグインを起動します。

$ jetty:run

次にブラウザーで

http://localhost:8080/mvc-convention/

と入力すると以下の画面に代わります。

listRecipe.jpg

addリンクをクリックするとNameのテキスト入力が空の画面になります。

editrecipe.jpg

テストと入力して、Save Changeボタンを押すと、テストがリストに追加されています。

listRecipe2.jpg

最後に、deleteリンクを押すとテストが削除されて、最初のリスト画面になります。

コメント

この記事は、

選択肢 投票
おもしろかった 2  
そうでもない 0  
わかりずらい 0  

皆様のご意見、ご希望をお待ちしております。


(Input image string)


添付ファイル: fileeditRecipe.vm 541件 [詳細] filelistRecipe2.jpg 484件 [詳細] filelistRecipe.jpg 510件 [詳細] fileeditrecipe.jpg 491件 [詳細] filelistRecipes.vm 551件 [詳細]

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-08-26 (日) 09:21:21 (1765d)
SmartDoc