FrontPage

2014/10/12からのアクセス回数 1249

組み込み系の場合I2Cを使えるととても便利です。 今回は、 インタフェース2014/8月号 汎用軽量OS uClinuxを試す で紹介されたI2Cを実際に試してみます。

I2C(GPIO版)のインストール設定*1

makeのmenuconfigで以下の箇所を選択します。

$ make menuconfig

FM3 I2Cサポートの選択

  • Device Drivers→I2C support
  • Device Drivers→I2C support→I2C device interface
  • Device Drivers→I2C support→I2C Hardware Bus support
  • Device Drivers→I2C support→I2C Hardware Bus support→GPIO-based bitbanging I2C

I2C EEPROMの選択

  • Device Drivers→Misc devices
  • Device Drivers→Misc devices→EEPROM support→I2C EEPROMs from most vendors

initramfs内のファイルの変更

initramfsも修正したいので、オリジナルをinitramfs_orgにコピーします。

# mkdir initramfs_org
# cp -r initramfs/* initramfs_org/

今回はGPIO, USB, I2Cのみを使用するため、ネットワーク関連の設定を外します。 initramfs/etc/init.d/rcSを以下の様に修正します。

#!/bin/sh
trap "" SIGHUP
echo "Mounting proc"
mount -t proc none /proc
echo "Mounting sysfs"
mount -t sysfs sysfs /sys

次にfstabにsysfsを追加しました。

# <file system> <mount point>   <type>  <options>       <dump>  <pass>
proc            /proc           proc    nodev,noexec,nosuid 0       0
sysfs           /sys            sysfs   default             0       0
/dev/sda1       /vfat           vfat    noauto,rw           0       0

initramfs_lfcq1_min.txtの変更

i2c関連の以下の設定を追加します。*2

nod /dev/mem 600 0 0 c 1 1
nod /dev/kmem 600 0 0 c 1 2
nod /dev/zero 600 0 0 c 1 5

nod /dev/i2c-0 666 0 0 c 89 0
nod /dev/i2c-1 666 0 0 c 89 1
nod /dev/i2c-2 666 0 0 c 89 2
nod /dev/i2c-3 666 0 0 c 89 3
nod /dev/i2c-4 666 0 0 c 89 4
nod /dev/i2c-5 666 0 0 c 89 5
nod /dev/i2c-6 666 0 0 c 89 6
nod /dev/i2c-7 666 0 0 c 89 7


#ファイルの終わりに追加
dir /etc/init.d 755 0 0

file /etc/init.d/rcS initramfs/etc/init.d/rcS 755 0 0

file /bin/i2cdetect   initramfs/i2c-tools/i2cdetect 755 0 0
#file /bin/i2cdump initramfs/i2c-tools/i2cdump 755 0 0
file /bin/i2cget initramfs/i2c-tools/i2cget 755 0 0
file /bin/i2cset initramfs/i2c-tools/i2cset 755 0 0
#file /bin/eeprom initramfs/i2c-tools/eeprom 755 0 0

uImageの再作成

以下のコマンドでuImageの再作成をします。

$ export CROSS_COMPILE=arm-uclinuxeabi-
$ export ARCH=arm

$ make clean
$ make uImage  

uImageのアップロード

GPIOと同様にpicocomを使ってシリアル通信でuImageをアップロードします。

$ sudo picocom --send-cmd "sb -vv" --receive-cmd "rb -vv" -b 115200 /dev/ttyUSB0
FM3> loady 0x60000000
Crtl-A Ctrl-S
file: arch/arm/boot/uImage
転送途中経過Transfer complete

*** exit status: 0
xyzMod?
       jI(j???? 6712(SOH)/0(STX)/0(CAN) packets, 7 retries
## Total Size      = 0x000d1ae0 = 858848 Bytes

uCLinuxをブートします。

FM3> bootm 0x60000000
## Booting kernel from Legacy Image at 60000000 ...
   Image Name:   Linux-2.6.33-arm1
   Image Type:   ARM Linux Kernel Image (uncompressed)
   Data Size:    858784 Bytes = 838.7 kB
   Load Address: 60008000
   Entry Point:  60008001
   Verifying Checksum ... OK
   Loading Kernel Image ... OK
途中省略

Calibrating delay loop... 13.10 BogoMIPS (lpj=65536)
Mount-cache hash table entries: 512
Switching to clocksource cm3-systick
fuse init (API version 7.13)
fm3_uart.0: ttyS0 at MMIO 0x40038000 (irq = 7) is a FM3 UART Port
console [ttyS0] enabled
i2c /dev entries driver
i2c-gpio i2c-gpio.0: using pins 87 (SDA) and 88 (SCL)
i2c-gpio i2c-gpio.1: using pins 52 (SDA) and 53 (SCL)
Freeing init memory: 244K
Welcome to
          ____ _  _
         /  __| ||_|                 
    _   _| |  | | _ ____  _   _  _  _ 
   | | | | |  | || |  _ \| | | |\ \/ /
   | |_| | |__| || | | | | |_| |/    \
   |  ___\____|_||_|_| |_|\____|\_/\_/
   | |
   |_|

Fujitsu FM3/FM4 port.
For further information check:
http://www.uclinux.org/

/ #

I2Cドライバーの動作確認

i2cdetectで利用可能なアドレスを検索します。

i2cdetect -y 0
     0  1  2  3  4  5  6  7  8  9  a  b  c  d  e  f
00:          -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- 
10: -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- 
20: -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- 
30: -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- 
40: -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- 
50: 50 51 52 53 54 55 56 57 -- -- -- -- -- -- -- -- 
60: -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- 
70: -- -- -- -- -- -- -- --                         
/ # 

FRAMは、0x50から0x57に割り当てられています。 試しに0x50の0x01番に0xABを書き込んでみます。 最初に、0x01番の値を出力します。

/ # i2cget -y 0 0x50
0x00

0x50の0x01番に0xABを書き込み、再度読み直します。

/ # i2cset -y 0 0x50 0x01 0xAB i
/ # i2cset -y 0 0x50 0x01
/ # i2cget -y 0 0x50
0xab

温度センサーLM73を接続してみる

いつもの温度センサーLM73を接続してみます。 外部へアクセスできるI2Cは、/dev/i2c-1の方です。

FM3LM73
CN3: 26 3.3V3: VDD
CN2: 40 GND2: GND
CN3: 43 SDA6: SDA
CN3: 44 SCL4: SCL

LM73.png

これで、i2csetとi2cgetでLM73から温度を取得します。

/ # cat <<\EOF >LM73.sh
/ # i2cset -y 1 0x4c 0x04 0x60
/ # i2cset -y 1 0x4c 0x00
/ # i2cget -y 1 0x4c 0x00 w
0xbc0c

Macの計算機で0x0cbcを10進に変えると、3260であり、以下の計算から 25.5℃と求まります。

3260*0.03125/4=25.4687

参考文献

  1. インタフェース2014/8月号 汎用軽量OS uClinuxを試す

コメント

選択肢 投票
おもしろかった 0  
そうでもない 0  
わかりずらい 0  

皆様のご意見、ご希望をお待ちしております。勉強会で分からなかったこと等、お気軽に問い合わせて下さい。

スパム防止に画像の文字列も入力してください。


(Input image string)


*1 残念ながら、ハード版は失敗しました
*2 RAMディスクの関連で、eepromとi2cdumpは外しました

添付ファイル: fileLM73.png 303件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-10-12 (日) 16:08:02 (1158d)
SmartDoc