FrontPage

2009/05/17 からのアクセス回数 32337

ARMの開発環境のセットアップは、難しいというイメージがありましたが、 ここでは、以下の3つの方法を紹介します(マシン環境はMac OS X Leopardです)。

  • 必要最低限のツールをソースから作成する
  • MacPortを使ってインストールする
  • YAGARTOから必要なパッケージをダウンロードして、インストールする

どちらを採用するかは、いろいろですが私はMacPort版を使うことにしました。

必要最低限のツールのソースからのインストール

ツールが思った通りに機能しないとき、原因の切り分けをするために、機能を 必要最低限に絞ってテストすることがあります。

ここでは、ARMのクロス開発に必要なgccとbinutilsのみを作成する方法を説明します。 *1

newlibやC++など組み込みであまり必要でないツールを除くことでmakeが非常に簡潔になります。

作成するツールのバージョンは以下の通りです。

  • binutils-2.18
  • gcc-core-4.0.2

MacPortでは、arm-elf-gdbがないので、ついでにgdbもダウンロードします。

  • gdb-6.7.1

ソースのダウンロード

作成に使用するソースを~/local/arm/toolchainに置くことにします。

$ mkdir -p ~/local/arm/toolchain
$ cd ~/local/arm/toolchain
$ curl -O ftp://gcc.gnu.org/pub/binutils/releases/binutils-2.18.tar.bz2
$ curl -O ftp://gcc.gnu.org/pub/gcc/releases/gcc-4.0.2/gcc-core-4.0.2.tar.bz2
$ curl -O ftp://sourceware.org/pub/gdb/releases/gdb-6.7.1.tar.bz2

binutilsの作成

最初にbinutilsを作成します。

configureのオプションには、以下のオプションを指定します。

  • --target=arm-thumb-elf
$ tar xjvf binutils-2.18.tar.bz2
$ mkdir binutils-2.18/build
$ cd binutils-2.18/build
$ ../configure --target=arm-thumb-elf
$ make

約3分程度でコンパイルが終わります。

正常にコンパイルできたら、/usr/local/binにインストールします。

$ sudo make install

インストールが完了すると/usr/local/arm-thumb-elfと/usr/local/binにツール セットされます。

gccの作成

gccは、binutilsとほとんど同じ作業になります。

configureのオプションには、以下のオプションを指定します。

  • --target=arm-thumb-elf
  • --without-libs
$ tar xjvf gcc-4.0.2.tar.bz2
$ mkdir gcc-4.0.2/build
$ cd gcc-4.0.2/build
$ ../configure --target=arm-thumb-elf --without-libs
$ make

コンパイルには、ちょっと時間がかかります。

正常にコンパイルできたら、/usr/local/binにインストールします。

$ sudo make install

MacPortを使ったインストール

次に、MacPortを使ってbinutils, gcc, newlibをインストールします。

MacPortの一番のメリットは、最新のバージョンに更新するのが容易なことです。

binutils, gcc, newlibのインストール

MacPortを使ったインストールはきわめて簡単です。(でも時間はそれなりに掛かります)

$ sudo port install arm-elf-gcc

残念ながら、MacPortでインストールすると/opt/local/bin/にarm-elf-gccが作成されません。 そこで、手作業でgccのシンボリックリンクを作成します。

$ cd /opt/local/bin
$ sudo ln -s arm-elf-gcc-4.3.2 arm-elf-gcc

この作業はARM用のgccをバージョンアップするたびに行う必要があるので、気をつけてください。

gdbの作成

次に、gdbを作成します。 gdbは、MacPortで作成したgccと一緒に使うので、/opt/local/arm-elfにインストールします。

configureのオプションには、以下のオプションを指定します。

  • --target=arm-elf
  • --prefix=/opt/local/arm-elf/
$ cd ~/local/arm/toolchain
$ tar xjvf gdb-6.7.1.tar.bz2
$ mkdir gdb-6.7.1/build
$ cd gdb-6.7.1/build
$ ../configure --target=arm-elf --prefix=/opt/local/arm-elf/
$ make

正常にコンパイルできたら、/opt/local/binにインストールします。

$ sudo make install

YAGARTOを使ったインストール

初心者にお薦めなのが、YAGARTOツールです。 Windows, Mac OSXに対して、コンパイル済みのパッケージを提供しています。

  • YAGARTO GNU ARM toolchain から、yagarto-bu-2.19.1_gcc-4.3.3-c-c++_nl-1.17.0_gdb-6.8_intelmac_20090413.dmgをダウンロードします
  • ブルーの箱のagarto-4.3.3をデスクトップにコピーし、ダブルクリックします。 yagarto-4.3.3というフォルダが作成されますので、これをlocal/yagartoにいれます。
  • ターミナルからツールが呼び出せるように.profileのPATHを以下のようにセットします。
    export PATH="$PATH:$HOME/local/yagarto/yagarto-4.3.3/bin"
    export PATH="$PATH:$HOME/local/yagarto/yagarto-4.3.3/tools"
    

以上で完了です。

Zylin CDTのインストール

最後に、EclipseでOpenOCDを使ってソースレベルのデバッグをするためのプラグインZylin CDTをインストールします。

Zylin CDTはEclipseのupdate site機能を使ってインストールします。 私は以下の環境でインストールしています。

  • Eclipse SDK Version: 3.4.0以降
  • JRE 1.5以降

詳しいインストール方法は、YAGARTOのサイトを参照してください。

YAGARTOの画像を使って、Zylin CDTのインストール方法を説明します。

  • HelpメニューのSoftware Updates...メニューを選択します。

eclipse23_1.jpg

  • Add Site...ボタンを押して、Zylin CDTのUpdate Siteを追加します。

eclipse23_2.jpg

  • Locationに
    http://opensource.zylin.com/zylincdt
    と入力します。

eclipse23_3.jpg

Eclipse 3.4(ganymede)からUpdate Site機能が強化され、足りない機能を自動的に ダウンロードしてくれるので、とても簡単になりました。

コメント

この記事は、

選択肢 投票
おもしろかった 16  
そうでもない 1  
わかりずらい 1  

皆様のご意見、ご希望をお待ちしております。


(Input image string)


*1 コンパイルオプションなどは、OLIMEX SAM7-P64 についてのページを参考にさせていただきました

添付ファイル: fileeclipse23_3.jpg 919件 [詳細] fileeclipse23_2.jpg 965件 [詳細] fileeclipse23_1.jpg 889件 [詳細]

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-06-01 (日) 16:03:43 (1291d)
SmartDoc