FrontPage

2013/07/14からのアクセス回数 3653

LPCXpressoでmbedライクなクラスライブラリlbedを作る

このページは、そらみみの声に IDEを使わずにLPCXpresso LPC1768のプログラムを開発する というブログにLPC1768用のmbed互換ライブラリの作成記事が動機付けとなりました。

Raspberry Piにmbedライクなクラスライブラリ を作っていろんなセンサーと接続したり、 Arduino in Actionのお復習いをしていると、これらのクラスライブラリはもはや デファクトスタンダードとなっており、mbedやArduinoのクラスライブリーを使った 多くのサンプルユーザライブラリーが簡単に利用でき、すぐに実験ができるようになりました。

今まで、LPCXpressoではC++の開発ができないと思い込み諦めていたのですが、 マイコン風雲録のLPCXpressoで「C++プロジェクト」を作る方法 を読んで、 LPC1114FN28 *1 のmbedライクなライブラリを作ってみようと思いました。

最終的な目標は、LPC1114FN28でMarry基板用のOLEDを制御することです。

oledWithLbed.png

サンプルプログラムを利用する

ここで、紹介するmbedライクなライブラリ(lbed)は、完璧なライブラリを提供するのではなく、 様々なチップのサンプルプログラムを使ってmbedのようなインタフェースを持つクラスライブラリ を構築する手順を紹介することが目的です。

LPC1114FN28の本格的なクラスライブラリーをお探しの方は、 Lynx-EyEDの電音鍵盤 新館 を参考にされると良いでしょう。 *2

ピンの配置

MyARMは、できるだけピンの配置をmbedと合わせるように作られています。

ピンの番号付けは、mbedにならって左端から反時計回りに1番から40番まで番号付けしました。

pin_layout.png

p5からp30までは、LBED_LPC11xx/inc/PinNames.hで実際のビン番号にマップされています。

ライブラリの構築

以下に順次ライブラリの構築手順を書いていきますので、参考にして下さい。

lbedを使ったArduinoのピン配置を持つlbeDuinoの記事は、こちらです。

最新版のソース

以下に最新版のソースファイル(プロジェクト一式)を添付します。

2013/07/20にGithubにlbedを登録しました。

コメント

  • 2013/07/20にGithubにlbedを登録しました -- 竹本 浩? 2013-07-21 (日) 14:48:18
  • PwmOutを修正したバージョンのzipファイルをアップしました。 -- 竹本 浩? 2013-07-27 (土) 07:59:19
  • I2C.readに大きなバグがありました。lbeDuinoのI2C, LM73は修正済みですが、他の版は未対応です。ご注意ください。 -- 竹本 浩? 2015-02-22 (日) 11:37:08

(Input image string)


*1 秋月でなんと110円です、トラ技の2012/10号で付録についてきたチップです
*2 LPC1114FN28のmbedライブラリが公開されました、そちらも検討されると良いでしょう

添付ファイル: filelbed-130727.zip 394件 [詳細] filepin_layout.png 478件 [詳細] fileoledWithLbed.png 502件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-02-22 (日) 11:37:08 (763d)
SmartDoc